日本の米カレンダー読者より

2019年版 日本の米カレンダー「読者のおたより」から

○最終号 感慨深いです。
長い間 富山先生ありがとうございました。 

○たぶん新聞記事をみつけて初期のころからの購入だったように思います。
食卓の前に飾り 日本はなんと美しい風景が各地に多く在るのだろうと嬉しく思いながら食事をいたしました。
来年は83歳になり 足腰も不自由 現地への旅もできませんのでカレンダーを楽しみに思っています。
長い間 本当にありがとうございました。           

○2019年のカレンダーで富山様とお別れになるのは寂しく残念です。
長い間ありがとうございました。
日本のお米文化と農業 環境について 家族みな このカレンダーで学ばせていただきました。     

○地震のため仮設住宅にいたので去年はカレンダーがなくて寂しかったです。
やっと元の場所に帰ってきました。
「災害の多い日本列島ですが 米とともに美しい風景がいつまでも続きますように」           

○世界のファンを魅了して30年 平成そのものなのですね。
私も写真とお言葉に魅了されつづけている一人です。
先生 長い間お疲れさまでした。               

○富山先生 これまで大変お疲れさまでした。米カレンダーには大いに感謝しています。
これからもお元気で何らかのことを発信し続けてください。   

○「水田はダム」ということを知ったとき 本当に衝撃でした。
富山さん ありがとうございました。
30年ほど前 富山先生がラジオ番組に出演されたことがきっかけで大ファンになりました。
川の近くに生まれ育った私ですが 先生のお話をうかがってから川や水に対する思いが
ガラリと変わったことを今でもハッキリ覚えています。
先生ありがとうございました。

○自然の景色 正月飾り 稲穂の干し方などカレンダーのおかげで各地方の文化を知ることが出来て
大変ためになりました。     

○富山先生の農業に対する愛 田んぼに 棚田にかける愛。
日本の里山 日本のあらゆる美しい自然への愛のこもった文章が見られなくなるのは寂しいです。
長い間ありがとうございました。  









トップへ戻る