富山和子さん

富山和子

プロフィール

お知らせ

2016/11/28
新聞「農民」
富山和子さんの米カレンダー2017年版できました (ご案内)
2016/11/01
大分合同新聞 朝刊 生活欄
水田の四季つづる「日本の米カレンダー」(記事)
2016/10/18
「しんぶん赤旗」コラム「潮流」(記事)
お知らせ一覧はこちら

棚田ブームの元祖、富山和子の書き下ろしエッセイ付き!

富山和子のメッセージ 日本の米カレンダーのあゆみ 取扱店一覧
カレンダーへのご感想 海神社に詩碑建立 つくば「日本の米カレンダー展」


棚田ブームの元祖、富山和子の書き下ろしエッセイ付き!

水田が、山や川といった美しい自然を守る。農業が、人と自然との関わりを、日本人の心を伝える。日本の米カレンダーは、「水田はダム」理論をはじめとする、富山和子の理論や想いが込められたカレンダーです。カレンダーに使用される12枚の写真は、全国から集まった約1万枚の写真の中から、毎年富山が半年をかけて選定したものです。日本の米カレンダーは、取材や詩作などを含め、一年がかりで完成します。「瑞穂の国」日本の文化と自然を伝えるこだわりの一品を、ぜひお手にとってください。


棚田ブームの元祖、富山和子の書き下ろしエッセイ付き!

日本の自然、農林漁業に通じ、「棚田ブーム」の元祖とも言われる富山和子。日本の米カレンダーには、その富山の詩が、日本の四季や農林漁業を写した美しい写真とともに掲載されています。写真に写った風景の説明にとどまらず、富山の理論や想いが込められた詩を、ぜひご一読ください。

▶富山和子のプロフィールへ

英語翻訳付きだから、海外在住の方や外国の方にも大好評!

食糧安全の確保や貧困の撲滅において、コメの果たす役割を再確認することを目的に、国連は2004年を「国際コメ年」としました。このとき国連を動かしたのが日本の米カレンダーであったと言われています。現在も、アメリカやEUの要人をはじめ、多くの外国の方をファンに持つ、日本の米カレンダー。海外へのギフトとしておすすめいたします。


2018年版各月の写真はこちら

※商品の絵柄及び色調については、印刷の都合により実際の商品の色調と多少異なる場合もあります。

1月 2月 3月 4月
1月 2月 3月 4月
どんど焼き
(新潟県十日町市)

小川秀一

四谷の千枚田
(愛知県新城市) 

佐藤 尚

吉野川
(徳島県美馬市)

西垣良次

藤田川の桜並木
(福島県郡山市)

新海良夫

5月 6月 7月 8月
5月 6月 7月 8月
大原新田の棚田
(島根県奥出雲町)

富田文雄

筑波山
(茨城県つくば市) 

富田文雄

田野口沖の棚田
(長野県長野市)

安井一臣

近江平野と琵琶湖
(滋賀県近江八幡市)

角田展章

9月 10月 11月 12月
9月 10月 11月 12月
別宮の棚田と氷ノ山
(兵庫県養父市)

西垣良次

大浦の棚田
(佐賀県唐津市)

安井一臣

下栗の里
(長野県飯田市)

角田展章

冬水田んぼ 星峠
(新潟県十日町市)

佐藤 尚


価格
FAX注文用紙のダウンロードはこちら

※本サイトに掲載されている全ての商品及び写真画像、デザイン、レイアウトの著作権及び版権等は
 国際カレンダー株式会社が所有しています。無断で模写、複製、転用は固くお断りいたします。